「終活」 50歳前後から意識する人が約40%

「終活」とは、「人生の終わりのための活動」のこと

先日の新聞で「人生の最期に備える終活を50歳前後から始める人がいる」という内容の記事を読みました。
また、終活を意識し始めた時期の調査では「50代」が 約40%と最も多く、次いで「60代以上」が 約35%という結果がでています。

家の物を少なくしたり
災害に備えて大事な物を一か所にまとめたり
少しづつ整理をおこなっていくこと
これらも「終活」にあたるそうです。

私自身の話ですが
この春まで「就活」をしていました。
そして
新たな仕事をはじめ、5か月が過ぎました。

仕事にも慣れ、最近では
家の中のものをスッキリと整理したくなりました。

書類の整理をしました。

「断捨離」紙類の処分で気持ちスッキリ!

続きはお盆休みに断捨離しよう
そう思っていましたが、なかなか進みません。

昔のものを見つけて、手が止まります。

~東山魁夷展~ 30年前の展覧会の記憶がよみがえりました。

何かあったとき周りの人が困らないようにしよう
そう考えはじめているのは
「終活」を意識し始める年代にさしかかるからかもしれません。
これからの人生を有意義に過ごすための良い機会となりそうです。

今日は少し曇り空

よい一日となりますように

The following two tabs change content below.
KYOKO

KYOKO

健康運動指導士 自分のからだは自分で整える コンディショニングインストラクター KYOKOです。