~樋渡~ 久しぶりの『樋渡』でお食事。本当に至福の一時でした。

約3か月ぶり、友人達とお食事へ。

~樋渡~ 「昼夜各1組限定」の京町家。

贅沢ですが、美味しいお料理をいただくことができて幸せな時間を過ごすことができました。

お料理のご紹介

最初にいただいた梅ジュース。
とても美味しくて、お食事中の飲み物として再度お願いしました。
(女将さんの手作りとのこと。注文したのは私が初めてみたいでした。本当に美味しかったです。)

カニとレンコンの先付
お塩がほんのりときいていて美味しい。

大好きな鱧の椀物
身がふわふわでした。

お造り
イカも甘く、全てが美味しい。

金目鯛と里芋
里芋の中に大徳寺納豆。 これまた美味でした。

お茄子
絶対に自分では再現できないお味。 何とも言えない美味しさ。

焼き物 鮎!
これをみた瞬間、皆の歓声が!

まるごと頂きました。美味しい!

最後、ししとうと湯葉(だったと思います)
新生姜がきいていてほっこりしました。

土鍋で炊かれたご飯

お漬物もとっても美味しいです。

葛菓子とお抹茶
生姜がきいていてさっぱり。

次々に出されるお料理を口に運ぶたび、「美味しい」、「幸せ」の連呼。

お食事を食べに行き、いつも「美味しい」としか言えず、「『食レポ』向きではないなあ」と思ってしまいます。

また、お料理の説明をして頂くのですが、聞いたすぐに忘れる始末。
せっかく丁寧に説明をして下さるのに本当に申し訳ないです。
(日本料理の献立名のお勉強をしなくては、と思います。)

今回も全てのお料理が美味しくて、自然と笑みが出ていました。 
至福の一時。
また「鮎」と「鱧」を同時に頂くことができ、大、大、大満足でした。

素晴らしいお料理をいただける日を迎えられたことに感謝。

無事、友人達とこうやって出かけられたことにも感謝。

御料理 樋渡

過去に「樋渡」でいただいたお料理も紹介しているブログです。

「重陽の節句」とは? 9月9日に行われる<五節句>のひとつ

京雛は向かって右が男雛様、左側が女雛様

気の置けない友人たちと過ごす時間

The following two tabs change content below.
KYOKO

KYOKO

健康運動指導士 自分のからだは自分で整える コンディショニングインストラクター KYOKOです。