「太る散歩・やせる散歩」

正しい歩き方ハンドブック
太る散歩・やせる散歩

著者 亀井襄治(かめい・じょうじ)

図書館で見つけた本。

今から13年前の発行。
著者は、様々な体験や健康法の研究をおこない工夫し考案されたのが「散歩健康法」

この本の中でも

日頃から正しい姿勢をたもって生活することが大切

と述べられています。

正しい姿勢とは

アゴを引き、胸を張るのではなく自然に肩甲骨を内側に向けます。
両手を前で軽く組んだ姿勢がこれに当たります。

正しい歩き方とは

足(つま先)は、歩く方向へ向けて前へ真っすぐに出します。
左右の足の幅は10cmぐらいがよい。
そして、歩き出したらかかとをシッカリと上げる。
頭は垂直に立てて、アゴはしっかりとノドにひきつけます。
腰(お尻)は少し後ろに引き、内筋肉を使って歩きます。
また胸は張らずに、肩甲骨が自然に内向きになるような姿勢をとるようにします。
肩甲骨が内向きになっていると、相対的に足も内側に向きます。
これにより、自然とひざを曲げて(ゆるめて)歩くことができるのです。
ひざにクッションをきかすと、からだが揺れず、内臓がゆすられないわけです。

やはり、胸は張らず、腰は後ろ、が大事だと再認識です。

昔から、良い姿勢は楽な姿勢ですね。

本の表題の「太る散歩」とは

外筋肉を使って歩くことだそうです。
外筋肉を使っていると、内臓がゆるんで大食につながるみたいです。

外筋肉を使って歩くとは
上体を後ろにそった姿勢で歩く、または足裏の外側を使って歩くこと。

The following two tabs change content below.
KYOKO

KYOKO

健康運動指導士 自分のからだは自分で整える コンディショニングインストラクター KYOKOです。