「一軸歩行」「二軸歩行」、目的に応じて歩き方をかえると面白いかもしれません。

疲労感が少なく、体に優しい歩き方
「和の歩き方」

全身の動きとして、足を踏み出して着地するとき、同じ側の骨盤が足と一緒に動いて体を推し進める。

他に「二軸歩行」検索してみました。

目から鱗の「二軸動作」

歩き始めは「二軸歩行」が見られるそうです。

でもいつからか「一軸歩行」にかわっています。

体にとって楽で機能的なのは、どちらがよいのか?

目的に応じて歩き方を変える

それが一番よいのかもしれません。

The following two tabs change content below.
KYOKO

KYOKO

健康運動指導士 自分のからだは自分で整える コンディショニングインストラクター KYOKOです。