「スーパーボディを読む・改訂版」

ジョーダン、ウッズ、玉三郎の「胴体力」
「スーパーボディを読む・改訂版」

著者 伊藤昇(いとう・のぼる)

身体の根幹となる「胴体」の動きは三つ
「丸める/反る」
「伸ばす/縮める」
「捻る」
これらを磨けば、動きの質は向上し、意識するだけでも、動きが変わる。

本書で伝えている
「正しい立ち方」は
「もっとも身体に無理のない立ち方」であり
「股関節で地面をとらえた立ち方」とのこと。
重さと軽さ、強さと柔らかさを併せ持つ状態のことです。

「姿勢や歩き方」を学んで思うことは
姿勢や立ち方を整えると
筋肉がきちんと働くようになり
呼吸は深くなり
身体の緊張が減り
リラックスした状態が保たれるようになります。
すると精神にも良い影響を与えます。

カラダがかわるとココロもかわる
本書からもそう感じました。

The following two tabs change content below.
KYOKO

KYOKO

健康運動指導士 自分のからだは自分で整える コンディショニングインストラクター KYOKOです。