「百歳まで歩く」~正しく歩けば寿命は延びる!~

「百歳まで歩く」正しく歩けば寿命は延びる!
「正しく歩く」それだけで劇的に長寿体質に!

著者 田中尚喜(たなか・なおき)

先日の読売テレビで放映された
「世界一受けたい授業」番組の内容h
「正しく歩けば寿命は延びる! 百歳まで歩く体のつくり方を教えます」でした。 その授業を担当した田中尚喜先生。
その田中先生の著書が「百歳まで歩く」です。

はじめは、本当に必要な「筋肉づくり」について説明されています。
年齢によって筋肉のつき方が違います。
そして年齢に応じたトレーニングが必要です。
きんさんがなぜ百歳になっても歩けたか?なども書かれていました。

そして年代別の筋力向上トレーニング
筋肉別の筋力回復トレーニング
腰痛・膝痛の再発予防トレーニング
が書かれています。

最終章は、
姿勢、歩き方を見直して「筋肉づくり」

ここでは、普段の姿勢と歩き方が時間をとってトレーニングをするのと同じぐらいに大切だと述べられています。

姿勢を正しくして、歩き方を変える
だけで、筋力低下が妨げられたり、腰痛などの症状改善にもなります。

長く座っていると疲れる、少し歩くと疲れるのは
筋肉不足の証拠。

中高年以降にありがちな間違った歩き方で目立つものは
「膝を曲げたままの歩き方」
「状態を左右に大きく振る歩き方」
「必要以上に足を持ち上げる歩き方」

これらを改善するトレーニングは
「後ろ歩き」
後ろ歩きは
大殿筋とヒラメ筋の両方を鍛えることができる
効率的なトレーニング。

中高年からは
歩数を増やすより
「正しい歩き方」
を身につけるほうが
健康への効果は大きい。

また、重心移動しやすい靴など
「靴選び」
も歩ける筋肉づくりには大切。

疲れない歩き方とは
「前足はかかとをしっかりとつき、後ろ足は母趾で地面を蹴る歩き方」

”いくつになっても自分の足で歩ける”
このために、今から姿勢や歩き方を調整しておきたいものです。

The following two tabs change content below.
KYOKO

KYOKO

健康運動指導士 自分のからだは自分で整える コンディショニングインストラクター KYOKOです。