さまざまな病気や老化の原因となる「糖化」、シワ・たるみの原因にも。

老化の原因の1つに「糖化」というものがあります。

肌の「糖化」が進むと
”見た目年齢”にも影響がでる可能性があります。

肌のコラーゲンが糖化しAGEが増えると
シミやシワ、たるみの原因になることも。

肌については、つい外側のスキンケアを気にしがちですが
体の内側からも気をつける必要がありますね。

「糖化」とは、糖とたんぱく質が結びついて加熱した現象のこと。

食事でとり過ぎた糖質が体の組織や細胞を構成するたんぱく質とひっつき、
これが体温で温められて「糖化」がおきます。 
高血糖状態が長く続くと糖化が進みます。
そして、たんぱく質が劣化すると「AGE(終末糖化産物)」という悪玉物質にかわります。

このAGEが体内に長い間蓄積すると
老化を早め、体内機能を低下させ、さまざまな病気の引き金となるそうです。

この「糖化」は食品の調理でも起きる現象です。
例えばパンケーキ。
小麦粉や砂糖(糖)と卵、牛乳(たんぱく質)を混ぜて
焼くと、表面がこんがりしてキツネ色になります。
これが「糖化」です。

ではこの「糖化」を防ぐポイント

・食後血糖値が急上昇する食べ方をしない
 食べる順番に気を配る (野菜やきのこを先に)

・AGEをたくさん含む食べ物を適度に抑える
 (糖分とたんぱく質を高温加熱した食品)
 パンケーキなどの焼き菓子、肉の加工品(とんかつ、から揚げ)など

・適度な運動
 有酸素運動をする事で、体内に蓄積された糖を減少させる事が可能

老化は避けられないものですが
少しでもスピードを遅らせるコツとして、
「糖化」が蓄積しないように、食事や運動で予防していきたいです。

健康でいるためには、生活習慣の見直しは大切ですね。

The following two tabs change content below.
KYOKO

KYOKO

健康運動指導士 自分のからだは自分で整える コンディショニングインストラクター KYOKOです。