寝苦しい夜が増えてきました。

これから迎える夏を前に、蒸し暑くなり
夜もだんだん寝苦しくなってきました。

夏の「快眠のコツ」は

深部体温をスムーズに下げる準備をしていくこと。

「運動」は、就寝3時間前までにすませる。

「入浴」は、38.5-39度のぬるめのお風呂にゆったりと入る。

「食事」は、就寝前は控える。(消化にエネルギーを使うため)

また睡眠にとって望ましい室内環境は、

温度 26-29度
湿度 50%以下

夜に帰宅したら、
まずは窓を開けて換気をしてからエアコンをいれる。

また就寝時のパジャマや寝具は、
汗の吸収が良く速乾性の高い素材のものがおすすめ。

夏の睡眠時も「頭寒足熱」の考え方が有効
頭に冷却シートなとを使い
足元は冷やしすぎず、掛け物をかける。
そうすれば
皮膚や体の末端からの放熱をスムーズにしてくれます。

また暑いからといって
肌を露出して眠ると肌に汗が残ります。

汗の吸収が良く速乾性の高い素材の
パジャマや寝具を使うと汗を吸収してくれます。

睡眠とは
「日中にフル活動した脳の温度を下げて休ませ
脳や筋肉の組織の疲労を回復すること」

快眠できる環境を整えて疲れが残らないよう心掛けたいです。

The following two tabs change content below.
KYOKO

KYOKO

健康運動指導士 自分のからだは自分で整える コンディショニングインストラクター KYOKOです。