『椅子ゆるく®』 ~自分の体も、あの人(達)の体も守る~ 

介護予防の健康体操にかかわるようになって一年。

椅子に座りながらの運動を中心に行っています。

コンディショニングでも高齢者指導では椅子で行う内容が含まれています。

そして

YURUKU®にも椅子に座ってできる体操

『椅子ゆるく®』

がスタートしました。

桜が満開を迎えた、2019年3月末

椅子ゆるく®KARADAバランスマスター養成講座を受講。

そして、この5月に課題提出を終えて

椅子ゆるく®公認インストラクター

となりました。

ディプロマが届きました。

『椅子ゆるく®』ディプロマが届きました

 

椅子ゆるく®とは?

椅子に座って行えるYURUKU®の新しい体操です。

是非、こちらもご覧になってください。

椅子ゆるくって何?(マンガ)
 

椅子ゆるく®の目標

「自分の体も、あの人(達)の体も守る」
 

椅子ゆるく®の理念

全ての企業・団体・自治体・教育機関、そして家庭にバランスサポーター(椅子ゆるく®の講師)が生まれ、人々が心身ともに健やかに過ごせる世の中を、また平均寿命と健康寿命が限りなく近づくことを目指します。
 

椅子ゆるく®講座について

自身の体を守るために受講する講座(初級・中級・上級)

そして

バランスサポーター養成講座

があります。

※バランスサポーターーとは
「自分の体も、あの人(達)の体を守る」活動をして下さる講師のこと。
通常の椅子ゆるく講座(初級・中級講座)を開講できます。また、所属する企業・団体の方々の体のサポートを行っていただけます。
例えば、介護施設のスタッフがバランスサポーターになる、あるいはバランスサポーターが定期的にその施設に訪問し、入所者の方々をサポートする。企業の社員がバランスサポーターになり、社員の体を守る保健室の役割を担うなどです。

椅子ゆるく®講座詳細は、こちらから

The following two tabs change content below.
KYOKO

KYOKO

健康運動指導士 自分のからだは自分で整える コンディショニングインストラクター KYOKOです。