お口の理想の姿勢は? TCH(tooth contact habit)になっていませんか?

良い姿勢の時、お口の状態はどうなっていますか?

理想は

唇を閉じた時に上下の歯のすき間があいていること(1~3mm程)
舌は上あごについていること

です。

姿勢のお話しをする時に、口の中の状態も確認しています。

姿勢が悪いと、口の中の状態も悪くなります。

常に歯をかんだままになっていないか、一度確認をしてみてください。

上下の歯をかんだままにしていると、からだの不調にもつながります。

TCH(tooth contact habit)は、「常にかんでいる癖」という現代病の一つです。

何かに集中したり、パソコンや携帯電話の操作時に、TCHになりやすいです。

良い姿勢のためにも、お口の理想の姿勢を身につけていただければと思います。

・TCHは不調の第一歩

常にかんでいる状態は、耳の前にある顎関節の圧迫を引き起こします。
血流障害や関節痛の原因となります。
顎関節症発症の一つの要因です。

また、常にかんでいると、筋肉(収縮した顎の閉口筋(口を閉じる働きの筋肉))は緊張状態になります。
そうなると、首や肩の筋肉の緊張に繋がり、疲労、血流障害が、筋肉のコリにつながります。

私は以前、TCHが原因で奥歯の痛み、そして顎関節症になりました。
夜はナイトガードで食いしばらないようにし、
日中は、PCや洗面台、台所など目に付く場所に「歯」と書いて、歯をかまないように注意しました。
徐々に歯をかまないように意識していくと、からだの不調がなくなってきました。
そして姿勢にも大きな影響があることも実感しています。

「良い姿勢」には、無理な力が入っていない状態が大切です。
そのためにも「お口の姿勢」を整えることも大切です。

The following two tabs change content below.
KYOKO

KYOKO

健康運動指導士 自分のからだは自分で整える コンディショニングインストラクター KYOKOです。