「教えてもらう前と後 体の老化を大改善SP」老化予防4連発!

偶然に見た番組「教えてもらう前と後」

体のバランスや歩き方に影響する原因が紹介されていました。

老化予防4連発

1 体のズレ = アゴのズレが原因

アゴを理想の位置に近づけるとバランスがとれやすくなります。

アゴのズレ幅を小さくする方法
1上を向いて軽く口を開ける
2ゆっくり閉じながら上下の歯が最初に触れた瞬間にとめる
3顔を正面に戻す

(普段のかみ合わせと違う感覚がありますが、この位置がズレ幅が小さいとのこと)

2 指先でわかる、触覚の老化度

物を落としやすくなった
本がめくれない
スーパーのレジ袋があけれない
など指先が上手く使えない = 触覚の衰えが原因

触覚の衰えは、神経の点の数の減少、肌の弾力の減少からおこります。

指先の衰えの対策は、指の湿度を保つ、積極的に指先を使うこと

3 何かを見ようとしたときにできる、おでこのシワ = まぶたが垂れてきている

まぶたの衰えチェック
指で眉毛をおさえて、目を閉じゆっくりと上げる

まぶたは50歳ぐらいから垂れ始め塞がりがちになる
⇒ まぶたの筋肉が落ちてきている

原因
ハードコンタクトレンズ等で筋肉にダメージ
メイク落とす時に、まぶたを強くこする

対策
血流をよくする ⇒ 温めて筋力回復

体の衰えは、セルフケア!

4 足の巻き爪

原因は、親指への負担

改善方法
靴と歩き方に注意する

正しい歩き方
(蹴りだす時に)親指に均一に力がかかっていることを意識

この番組の無料視聴はこちらから
<2018年03月27日 19:59まで>

The following two tabs change content below.
KYOKO

KYOKO

健康運動指導士 自分のからだは自分で整える コンディショニングインストラクター KYOKOです。