正しい姿勢へと導いてくれる、坐骨で座る「アーユルチェアー」

「坐骨で座る」、アーユルチェアー。

坐骨で座る状態を作り、骨盤を立て負担やストレスのない理想的な姿勢が維持できる椅子。

雑誌記事より。(Wedge3月号 新幹線車内に置かれていた雑誌)

「坐骨座り」で姿勢が良くなると、胸郭が開き、呼吸が深くなる。 すると脳への酸素供給が増加して覚醒レベルが高くなり、集中力が向上する。
アーユルチェアーに座ると、落ち着きのない子どもでも正しい姿勢で長く座れるようになり、8割の子どもに計算問題の解答時間に向上が見られた。

 

そして「座る」ことは、立っている時の2倍もの負担が腰にかかるとのこと。
また日本人は、世界一座る時間が長いそうです。

正しく「座る」ことで、生活の質の向上に繋がると実感です。

このような椅子が販売されているとは知りませんでした。

坐骨で座る、大事です。

詳しくは、こちら
アーユルチェアー公式サイト

本日も、きれいに富士山が見えました!

The following two tabs change content below.
KYOKO

KYOKO

健康運動指導士 自分のからだは自分で整える コンディショニングインストラクター KYOKOです。