「目のつけどころ ものの考え方」

世界のエリートが実践している
目のつけどころ ものの考え方

著者 相川秀希(あいかわ・ひでき)

積読になっていた一冊。
ようやく読めました。

思っていても、なかなか行動に移せない私にとっては
とても勉強になる内容でした。

特に印象的だったのが

「起承転結」ではなく「結転承起」

まず「結論」から考える。
「結」から逆算し、先回りして
今ある自分のために準備しておく。
日常的につづけるうちに
だんだんと
時間を自分で支配できる
自分で場の流れをつくることができる

他にも

「感心」ではなく、「感動」を与える人に

どんなときでも「遊び心」をもつ

「終わり」こそ新たなる「はじまり」

など、自分のこれからを考えるきっかけとなりそうです。

The following two tabs change content below.
KYOKO

KYOKO

健康運動指導士 自分のからだは自分で整える コンディショニングインストラクター KYOKOです。