『超「姿勢」力』を読んで… 「良い姿勢」にするには気合いや我慢は必要なく、骨や関節、凝り固まった筋肉を本来あるべきポジション、あるべき状態へと戻すこと。

超「姿勢」力

著者 ZERO GYM(ゼロジム)

監修 重森健太(しげもり・けんた)

姿勢を矯正し、仕事で最高のパフォーマンスを発揮するための方法です。

デスクワークなどで悪い姿勢を続けていくと
集中力や判断力、思考力までも失われていきます。

優秀な人は、どんな状況でも一定のパフォーマンスを発揮できます。
それは「疲れをためない工夫」をしているから。
その工夫の一つに「正しい姿勢」があります。

この本で紹介されているプログラムは
東京・千駄ヶ谷の疲労回復専用ジム「ZERO GYM」で行なわれていて
ひとりでも比較的簡単に取り組めるトレーニングがまとめられています。

最大の特徴は「4週間でブリッジをできる体になる」というもの。

このプログラムは
「筋トレで体幹を鍛える」というようなものではない。
もちろん、そういった要素も含まれてはいるが、中心となるのは「筋トレ」というより「ストレッチ」要素の高いもの。
「鍛える」のではなく「ほぐす」とか「あるべき状態に戻す」といったイメージに近い。長年の悪姿勢で凝り固まった筋肉をほぐし、ずれてしまった骨や関節をもとの場所に戻してあげることが最大の狙いだ。

 

「コンディショニング」や「YURUKU」も同じ考えです。

本来の「良い姿勢」とは無駄な力が入らずに楽にできること。
姿勢を正して、辛いと感じるのは、体にゆがみがあるから。

本来の「良い姿勢」にするには、体を鍛えるのではなく
ゆがんでしまった骨や関節、凝り固まった筋肉を本来あるべきポジション、あるべき状態へと戻すこと。

姿勢を正し、疲れないカラダとココロ、そして輝かしい未来も手にいれたいと思います。

11/4 発売の日経トレンディ12月号の特集記事の中の
「2018年ヒット予測」第3位 疲労回復ジムとしてZERO GYM の紹介記事
(ZERO GYM HP内 最新のお知らせから抜粋しています)

 

この記事の中で
「コンディショニング」ジム、『ナチュラルマッスル』も掲載されています。

コンディショニングとは
日常生活での姿勢の癖、運動での動きの癖、加齢などによって硬くなっている筋肉にアプローチし、本来の筋肉の状態を取り戻すことで、骨格や呼吸も改善し、カラダを“調子の良い状態(Good Condition)”に整えます。

この「コンディショニング」レッスン
10月からNHK文化センター京都教室でレッスンスタートしました。
「からだを整える”コンディショニング”」

ご自身の体を良い状態に整えて、パフォーマンスアップにつながればと思います。

YURUKU®~姿勢と歩き方教室~ 講座案内はこちら

YURUKU®公認インストラクターKYOKO 講座案内

安定した立位姿勢には「抗重力筋」が活動します。

The following two tabs change content below.
KYOKO

KYOKO

健康運動指導士 自分のからだは自分で整える コンディショニングインストラクター KYOKOです。