「人狼」ゲーム 初参戦

「人狼」というゲームをご存じでしょうか?

人狼ゲーム【解説&まとめ】NEVERまとめ

以前から興味あり、先日ようやく参戦!

ルールもしっかり理解してないままスタート。
何を発言すればよいのか?
皆、何を言ってるの??? 状態。

初めてのゲームで、私は「裏切り者」の役職となりました。
そして致命的なミスをしました・・・
裏切り者は人狼側なので
人間を処刑していくのです。

最後の3人まで残った私
なんと、人狼を処刑してしまったのです・・・

「あれっ?」

と気づいた時には、あとのまつり。

裏切り者である私は
人間を処刑しなければいけなかったのですね~。

何回かゲームを繰り返し
ようやくコツがつかめた感じで終わりました。

ここで
「人狼」ゲームの簡単な説明を・・・

・人狼ゲームとは

人間に扮した人狼側と人間側が話し合いをおこない
人狼を処刑していくゲーム。

・ゲームの流れ
ゲームマスターの指示で進行していきます。
カードを全員でひいて
自分が人狼なのか人間なのかを分けます。
(人間の中には、普通の市民と役職者がいます)

ゲームは一日に昼と夜の時間帯があります。

(昼)
全員で話し合いを行います。
話し合いの中で誰が人狼なのか推測していきます。
そして1人処刑する人を決定します。

(夜)
夜間は皆が眠りにつき話し合いはありませんが
人狼側が1人を決めて、嚙み殺します。

1日に2人が消えていきます。
まとめると、
1日目(昼):全員で話し合い
1日目(昼):1人処刑
1日目(夜):人狼が人間を1人噛み殺す
占い師 →怪しいと思う1人の正体を知ることができる
霊媒師→処刑された1人の正体確認ができる。
騎士→守りたい人1人指名できる。

夜が明ける。
引き続き2日目の話し合いが続いていく。

このパターンを繰り返し
人狼を全て処刑できれば人間側の勝利
人狼の数と人間の数が一緒になってしまうと人狼側の勝利

・役職
今回、私が参加したゲームで使われた役職です。
他にもいろいろあるようです。

占い師
毎晩、怪しいと思う人の正体を一人だけ確認することができる。

霊媒師
昨日、話し合いで処刑された人物が
人狼かどうかを確認することができる。

騎士
毎晩、人狼から守りたい市民を一人だけ守ることができる。

裏切り者
人狼チームに属する人間。
人狼チームが勝利したときに一緒に勝利。

こんな感じです。

最初は、訳がわかりませんでしたが
回数を重ねると
誰が何を言っても信じられないです。
そして自分が人狼になった時は
いかに気付かれないようにするのかが難しい

もっと策略家になり
ある意味、俳優になって
違う自分を演じないと勝てないなあ
なんて思いましたが
とても楽しかったです。

また機会があれば参加したいです。

The following two tabs change content below.
KYOKO

KYOKO

健康運動指導士 自分のからだは自分で整える コンディショニングインストラクター KYOKOです。