NISA口座の金融機関変更手続き、その後

前回の「NISA口座の金融機関変更手続き」

NISA口座の金融機関変更をしようと思い
変更前、変更しようとする金融機関に変更手続きを依頼しました。
それぞれの金融機関から届いた手続き内容に食い違いがありました。

変更前の金融機関に問合せをしても
何故食い違いがあるか理解できず、困っていました。

そして今回、変更しようとする金融機関に問合せました。

今年度(平成28年1月1日以降)は既に
変更前の金融機関でNISA枠の利用があります。
来年度からNISA枠口座の変更手続きをしたいので
変更前、変更しようとする金融機関に変更手続き依頼をしました。
それぞれの金融機関から届いた手続き内容に食い違いがあります。
もう一度教えてください。

このことを伝えると、次の回答がありました。

今年度、既に変更前の金融機関でNISA枠の利用がある場合

変更しようとする金融機関から送られた手続き書類は不要です。
破棄してください。

変更前の金融機関に変更手続き後
変更したい金融機関には、本年10月1日以降
NISA口座の新設手続きをお願いします。

ようやく変更前、変更しようとする金融機関での
手続き内容の食い違いはなくなりました。

私の場合の金融機関変更手続き方法は次のとおり。

変更前の金融機関に
「非課税適用確認書の交付申請書のみなし提出不要届出書」の提出。

本年10月以降、
変更したい金融機関に、新たなNISA口座開設手続きをする。

食い違いの原因は
変更しようとする金融機関に現状を伝えずに
NISA口座の金融機関変更手続き依頼をしたこと。

変更しようとする金融機関から届いた変更手続き案内は
今年度NISA枠の利用がない場合の提出書類です。

私の知識不足もありますが
変更前、変更しようとする金融機関から
もう少しわかりやすい手続き方法の案内があればと感じました。

参考になるかわかりませんが
日本証券業協会の
NISAに関するよくある質問は こちら

The following two tabs change content below.
KYOKO

KYOKO

健康運動指導士 自分のからだは自分で整える コンディショニングインストラクター KYOKOです。