ペルセウス座流星群

夏の夜空を彩る

「ペルセウス座流星群」

日本でのいちばんの見頃は
明日8月12日の夜半頃から13日の明け方頃にかけて。

今年は、空に明るい月が出ているので
天候がよくても観測は難しいそうです。

月がなるべく視界に入らないよう暗い方を向き
空の広い範囲を見渡すのがポイント。

「ペルセウス座流星群」とは
ほしぞら情報2017年より)

毎年8月12日、13日頃を中心に活動する流星群です。

ペルセウス座流星群は、とても観察しやすい流星群です。

毎年、ほぼ確実に、たくさんの流星が出現することが
その理由のひとつです。

1月の「しぶんぎ座流星群」、
12月の「ふたご座流星群」とともに
「三大流星群」と呼ばれています。
条件が良ければ最大で40個以上の流星を見ることができます。

また、流星群の活動期間が多くの方の
夏休みやお盆休みに重なっているため、
夜更かしをしやすかったり、
星のよく見える場所に行きやすかったりすることも
理由に挙げられます。

さらに、「しぶんぎ座流星群」と
「ふたご座流星群」の活動は寒い冬の時期に当たりますが、
ペルセウス座流星群の活動は夏の盛りに当たりますので、
観察時の寒さについてあまり心配する必要がありません。

この週末、夜空を眺め流星群を探してみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
KYOKO

KYOKO

健康運動指導士 自分のからだは自分で整える コンディショニングインストラクター KYOKOです。